20170312_01

【日程】2017年3月12日
【場所】谷川岳一ノ倉沢 一ノ沢右壁左方ルンゼ
【メンバ】岡崎、下山(記)

ベースプラザを4時前に出発。
昨日の雪を少し心配していたが、踏み跡はしっかり。
出合につくと、滝沢方面とテールリッジあたりにヘッドランプの明かりが見えている。
準備をしていると次々にやってくるパーティーの中にDさんがいらっしゃって、先週は左方ルンゼで今日は中央稜とのこと。
20170312_02
明るくなってきたころに一ノ沢を登って、左方ルンゼの取りつきへ。
雪はしまっていて、踏み跡もあって階段状。

20170312_03
朝日に照らされて、白い山肌が美しい。

20170312_04
F1~F2はフリーで登って、氷の立ってきた場所でスクリューで支点を作成して、登攀開始。
20170312_05
下山リードで、F3を50mいっぱいのばしてF4の左右に分かれるあたりでピッチを切る。

20170312_06
なんだかとってもふくらはぎが疲れる。

20170312_07
続いて岡崎さんリードでF4を登って、立木に残置スリングがあるところでビレー。

ここから交代して雪と氷の混ざった斜面を登って、チムニーの見える雪面の立木に残置スリングがあったのでピッチを切る。
ここで8時過ぎぐらい。

20170312_09
核心と思われるチムニーは、雪で埋まっている。

水分を補給したり食べたりしてまったりと休憩しつつ、しばし相談。

「チムニー埋まってるしこの先はラッセルだろうな~」
「暖かくて中間稜もどうなってるかな~」
「東尾根は長いよね~」などとブツブツ話しているうちに…
「降りて温泉行こう!」と決定。

20170312_08
チムニー手前の立木から懸垂して、先ほどのF4の終了点へ。
そこから10mほど下ると、さらに立木に残置スリングがあり、ここは古いがダイニーマのスリングもあり。
55m(60mと50mのロープを使っていたので)ギリギリで、F3のスタートあたりの雪面に到着。
ここからはルンゼの入り口より上の方へ巻いて歩いて一ノ沢へ下る。
 
20170312_10
一ノ倉沢はこれまで見た中でも明るくて、陰鬱な感じが全くしない。

20170312_11
景色を見ながら、のんびりと一ノ沢を下る。

20170312_12
写真を撮ってる方とお話しすると、迫力ある雪崩の写真を狙っているとのことで、「気温も高いから3~4時ぐらいがねらい目なんだけど」とのこと…なるほど。

20170312_13
10時過ぎに出合で装備を外してのんびりして、ちょっと後ろめたさもありつつ、たまにはこんなのも良いよねと話しながら一ノ倉沢を眺める。

12時ごろには鈴森の湯で汗を流して、スタミナ焼肉定食を食べて帰るのでした。